ツイッターはこちら

【海外旅行】タマンネガラ国立公園ツアーのまとめ

3 min
フルショ

フルショ

マレーシア旅行でタマンネガラ国立公園に行ったことがあります。

マレーシア旅行でタマンネガラ国立公園に行ってみたいけど、どうやって行くのが良いのか知りたいなあ…。ツアーが良いのであれば、おすすめのツアーを教えてほしい。

タマンネガラに<br>旅行したい人

タマンネガラに
旅行したい人

フルショ

フルショ

結論からいうと、ツアーでしか行けませんね。ツアーをまとめてみましたので、是非参考にしてください。

この記事を読む価値

タマンネガラ国立公園への旅行プランをすぐに立てられる。

タマンネガラ国立公園にはツアーで行こう

タマンネガラ国立公園は、ツアーで行くべきです。

ツアーであれば、ツアーなしではたどり着けないところに住む原住民と交流したり、素人だけでは危ない夜のジャングルを見て回ったり、面倒な移動の手配が一括でされていたりするからです。

海外旅行には慣れてるし、ツアーなしで行きたいです。

タマンネガラに<br>旅行したい人

タマンネガラに
旅行したい人

そういう方もいるかもしれませんが、タマンネガラ国立公園を楽しみたいのであれば、ツアーなしはおすすめしません。というか、やめておいたほうが良いです。

シンプルに遭難します。

ジャングルは、日本人が思っているより遥かに広大です。タマンネガラ国立公園の面積は4343km2です。

イメージが沸かないと思うので、日本人がよく知っている例と比較すると、富士の樹海が35km2です。

タマンネガラの面積の1/100にも満たない富士の樹海ですが、何も知らずに入れば遭難すると言われるくらい広いです。

そんな富士の樹海よりはるかに広大なタマンネガラ国立公園に素人が無防備で入ってしまうと、遭難するというのは容易に想像がつきますよね。

というわけで、タマンネガラ国立公園のことをよく知るガイドさんが付いてくれるツアーで、タマンネガラ国立公園を楽しみましょう。

タマンネガラ国立公園ツアーの一覧

タマンネガラ国立公園へのツアーは、現地ツアーがおすすめです。

現地ツアーとは、旅行先で実施される小旅行のこと。旅行先の国への移動は自分で手配しなければならない。

日本-マレーシア間の移動も含んだパックツアーで申し込むと、移動分が割高になってしまいます。航空券くらいは自分でとりましょう。

では、日本から申し込めるタマンネガラ国立公園の現地ツアーの一覧は以下の表になります。

ツアー会社H.I.S.エクスペディア
期間2泊3日1日
料金・大人
1名:62420円/人
2名以上:31210円/人
・子供(5-11歳)
20800円/人
1名:36079円/人
2、3名:17417円/人
4〜6名:14929円/人
7名以上:13685円/人
ガイド英語、日本語(+3900円)英語
移動往復バス
(クアラルンプール(ISTANA HOTEL)-タマンネガラ国立公園)
※日本語ガイドをつけると自分の宿泊ホテルからISTANA HOTELまで送ってくれる
往復バス
(クアラルンプール(自分の宿泊ホテル)-タマンネガラ国立公園)
アクティビティ原住民と交流
ナイトジャングルウォーク
ジャングルトレッキング
キャノピーウォーク
リバークルーズと川遊び
原住民と交流
キャノピーウォーク
ホテルムティアラタマンネガラホテル (CHALET) 2泊
食事朝2回、昼2回、夕2回昼1回、間食(果物、ミルクティー)

結論から言うと、僕はH.I.S.をおすすめします。僕はH.I.S.で行きました。

比較しておきます。

期間

エクスペディアのみ日帰りで、H.I.Sは2泊3日です。

断然、僕は2泊3日をおすすめします。

日帰りだと十分な時間がないので、2つしかアクティビティを体験できないためです。

一生に二度も行くようなところではないので、2泊3日で存分に楽しんだほうが良いですよ。

料金

エクスペディアは日帰りの分、H.I.Sより安いですが、日帰りにしては割高です。

ガイド

H.I.Sはプラスで3900円を払えば、日本語ガイドをつけることができます。

一方で、エクスペディアは英語ガイドしかありません。

ジャングルでは、いろんな生き物、自然、注意事項の説明などが行われるので、言葉がわからなければ面白さも半減しますし、注意事項がわからずに不用意は行動を起こしてしまう可能性があります。

なので、英語がわからないというかたであれば、断然H.I.Sがいいでしょう。

移動

どちらもクアラルンプール発となります。

エクスペディアは、自分が宿泊しているホテルから出発してくれますが、H.I.S.は日本語ガイドをつけなければ、ISTANA HOTELというホテルから出発することになります。

ISTANA HOTELはクアラルンプールの中心部にあるホテルなので、そこまで行くのは難しくないと思います。

アクティビティ

エクスペディアでは、ナイトジャングルウォーク、ジャングルトレッキング、リバークルーズと川遊びができません。

ジャングルトレッキング、リバークールズと川遊びができないのは百歩譲って許せますが、ナイトジャングルウォークがないのは痛いですね。

僕は、H.I.S.のツアーでナイトジャングルウォークを体験したのですが、夜のジャングルなんて普通入れないので、相当貴重な体験ができます。

詳しい内容を言うとネタバレになるので言いませんが、夜のジャングルでしか見られない生き物をたくさん見れます。

ホテル

H.I.S.は2泊3日なので、ムティアラタマンネガラホテルというホテルで泊まることになります。

ログハウスのようなところなのですが、シティボーイ・シティーガールでも全然安心して寝れるくらい綺麗です。

ただし、僕が寝たログハウス内にはトカゲが入り込んでいました(笑)

まあ大自然なので仕方ない部分はありますね。

食事

H.I.S.は期間が長い分食事の回数も多いですし、すべての食事代がツアー料金に入っています。

ホテルで食べるのですが、普通においしかったですよ。たしかマレー料理とか中華料理とか色んな料理が出たと思います。

エクスペディアは日帰りなので、昼ごはんだけみたいですね。ただ、間食で果物とミルクティーを楽しめるみたいですね。

基本的にはH.I.S.、時間がなければエクスペディアがおすすめ

いかがでしたでしょうか。

やっぱりどうせ行くなら、H.I.S.で存分にタマンネガラを楽しむことを僕はおすすめします。

実際、僕はH.I.S.のツアーで行きましたが、大変満足でしたし、後悔なんて1ミリもありません。

とはいえ、2泊3日も行ってる時間がないよーという方であれば、エクスペディアでも十分だと思いますよ。

では早速、タマンネガラ国立公園へのツアーに申し込みましょう。