ツイッターはこちら

会社の寮に1年間住んでみて感じたメリット・デメリット

5 min
フルショ

フルショ

2019年春に入社して以来、1年間会社の寮に住んできました。

会社の寮に入るメリット、デメリットってなんだろう…。どんな人が寮に向いてるのか知りたいです。

会社の寮に入るか迷っている人

会社の寮に入るか迷っている人

フルショ

フルショ

実際の僕の体験談を元に寮のメリット、デメリットを紹介しますね。会社の寮に入るか決められるチェックリストも作りましたので、必見です。

この記事を読む価値

寮に住むイメージが湧く

会社の寮に入るメリット

僕が、入社以来1年間会社の寮に住んできて感じたメリットは以下になります。

  • 家賃が安い
  • 風呂、トイレ掃除がいらない
  • 新入社員であれば、会社の友達ができやすい
  • 寮の管理人が宅配物を受け取ってくれる
  • 食堂がある
  • 駐車場代がかからない

家賃が安い

僕の会社の寮の家賃は光熱費込で10000円〜25000円です。(会社によりますが、どこも大差はないはずです。)

10000円〜25000円の幅があるのは、寮によって部屋のクオリティが異なるからです。

10000円は、相部屋で部屋も少し汚い。25000円は、一人部屋で部屋はきれい。という感じです。

僕は、25000円の一番高い寮に住んでいます。高いと言っても、光熱費込みで25000円なので、普通に一人暮らしをする分には格安です。

一方で賃貸を借りれば、安くても光熱費別で50000円〜60000円はかかります。しかも一番安い部屋なので、部屋は汚いし、ユニットバスなんてことがほとんどです。

というわけで、安くて良い部屋に住めるというのは寮に住む一番のメリットですね。

風呂、トイレ掃除がいらない

寮は基本的にトイレと風呂は共同です。

このため、風呂とトイレの掃除は、掃除のおばちゃんがしてくれますので、自分で風呂、トイレ掃除をする必要がありません。

一人暮らしの風呂、トイレ掃除って結構めんどくさいですし、毎日するとなると社会人のただでさえ少ない自由時間を奪ってきます。

例えば、風呂、トイレ掃除に毎日10分使うとすると、

10分/日×365日=3650分≒2.5日

年間約2.5日も風呂とトイレ掃除をしていることになります。恐ろしいですよね。

というわけで、無駄な時間の節約ができる点でも、寮に住むことはメリットになります。

新入社員であれば、友だちができやすい

寮に住むということは、実家から通勤できない距離の会社で働くということなので、知らない土地で暮らすことになります。

なので新入社員であれば、その土地に知り合いがいない場合がほとんどだと思います。

そんな時、寮に住んでいれば、周りにも同じ様な知り合いがいない新入社員がいるので、一緒にごはんを食べたり、遊びに行ったりすることで、知らない土地でもすぐに友達ができやすくなります。

というわけで、知らない土地での友人関係に不安がある新入社員にも寮はメリットになります。

寮の管理人が宅配物を受け取ってくれる

寮には管理人がいます。

そして寮の管理人は、寮に住んでいる人の宅配物を代わりに受け取ってくれます。

なので自分が家にいる時間を気にすることなく、Amazonなどのネットショッピングで買い物をすることができます。

僕の寮の管理人は、大型連休以外であれば、平日の僕が働いている時間はもちろん、土日も寮にいますので、僕は時間とか気にせずAmazonで注文しまくっています笑

しかし、賃貸であればこうはいきません。会社帰りの時間や土日しか受け取れませんし、わざわざ受け取るために家にいておかなければなりません。

自由時間の少ない社会人にとって、荷物の受け取りで時間が奪われるのは結構しんどいですよね。

というわけで、ネットショッピングをよくするという人にとっても寮暮らしは大きなメリットになります。

食堂がある

基本的に寮には食堂があります。僕の寮にもあります。(食堂がない寮もありますが…)

では寮の食堂にどんなメリットがあるかというと、

  • 安い
  • 健康的

です。

安い

1食500円くらいで食べられます。外食をすれば1000円くらいはかかるので、食費を節約できます。

僕の寮の食堂も、ご飯、おかず、味噌汁、サラダで500円くらいです。

健康的

一人暮らしの特に男性であれば、自炊などせずコンビニ弁当や牛丼屋で済ます人も多いですよね。

しかし、これでは栄養が偏った食事になりがちなので、健康によくありません。

一方で、寮の食堂は健康に配慮したメニューが並べられているので、健康的な食事をとることができます。

駐車場代がかからない

駐車場がある寮であれば、駐車場代はタダであることがほとんどです。

一方で賃貸であれば、駐車場を自分で借りなければなりませんし、意外と馬鹿にならない金額がかかります。

場所にもよりますが、全国平均で月に8288円かかるそうなので、年間になおすと約10万円は駐車場代でお金が飛んでいきます。

というわけで、車を持っている人であれば、寮に住んでいるだけで年間10万円の節約ができるという点でも寮暮らしはメリットになります。

会社の寮に入るデメリット

ここまでメリットばかりを取り上げてきましたが、もちろんデメリットもあります。

それがコチラです。

  • 異性を連れ込めない
  • 家にいても会社を感じる
  • 自分で寮を選べない
  • 寮によっては相部屋
  • 風呂、トイレが共同
  • 壁が薄い
  • 年齢制限がある

異性を連れ込めない

寮には異性を連れ込むことができません。つまり、おうちデートができないということです。

彼氏彼女がいるという方であれば、かなりのデメリットですよね。

もし相手が、賃貸で一人暮らしをしているとかであればマシですが、どっちも寮もしくは実家くらしとなると、イチャイチャしたいときは毎回ホテルに行くしかありません。

お盛んなカップルであれば、結構な出費になってしまします。

出費を抑えようとして、異性を連れ込んでバレようものならば、寮を追い出されるか、最悪会社を首になってしまう場合もあります。

というわけで、おうちデートをたくさんしたいという人からすると、寮暮らしは大きなデメリットになります。

家にいても会社を感じる

会社の寮なので、当然自分以外の会社の人も住んでいます。

なので家にいても、会社にいるという意識が心の片隅に残った状態で暮らさなければなりません。

家に帰ったら完全に会社のことは忘れたいという人からすると結構きついかもしれません。

仲のいい会社の友だちと出くわすくらいならまだいいですが、あまり好きではない会社の先輩とも出くわす可能性があるのはしんどいですよね。

自分で寮を選べない

会社によっては、たくさん寮をもっている会社もあります。僕の会社も合計10個くらい寮があります。

しかし、どこの寮に住むかは会社に決められますので、自分に決定権が無い場合がほとんどです。

選べるようにしてしまうと、人気の寮に応募が殺到し、会社側としてはめんどくさくなるからですね。

なので、1人部屋の寮に住みたいと思っていたとしても、相部屋の寮に住まわされる可能性もあります。

僕は幸い、1人部屋の寮に入りたいと思っていて入れたのですが、3人部屋の寮に入れられていたら発狂していたと思います笑

寮によっては相部屋

先程ちらっと書きましたが、寮によっては一人部屋ではなく、相部屋の寮もあります。

なにかと気を使いそうですし、家では他人と暮らしたくないという人がほとんどだと思います。

大学時代はシェアハウスしてたし、僕は大丈夫かなー

会社の寮に入るか迷っている人

会社の寮に入るか迷っている人

シェアハウスをしていたから大丈夫ということはありません。

なぜなら、シェアハウスであれば住む相手を選ぶ事ができますが、寮の相部屋は住む相手を選べません。会社に相部屋の相手を決められてしまいます。

なので、会社の先輩と相部屋ということもザラにあります。普通に気を使いますし、嫌ですよね笑

というわけで、相部屋が絶対に嫌という方は、自分の会社に相部屋の寮があるか調べておきましょう。

風呂、トイレが共同

先程はメリットとしても挙げましたが、風呂、トイレが共同ということにはもちろんデメリットもあります。

例えば、風呂は一人でゆっくり浸かりたいという方にとって、共同風呂は嫌ですよね。

またトイレも数が少なければ、トイレが混んでいて行きたいときに行けないこともあります。

僕は幸い、スーパー銭湯が好きなので、共同風呂に抵抗はありませんし、トイレもたくさんある寮なので、混雑して使えなかったこともこれまでに一度もありませんでした。

壁が薄い

寮の壁は薄いです。家賃を安くしている分、建物を安く作らなければならないからです。

設備や見た目を安くしてしまうと、ぱっと見ただけでしょぼい寮に見えるので入居者が減ってしまいます。

なので、ぱっと見ではわからないように、壁を薄くして建設費を抑えることになります。

壁が薄いので、隣の人の電話の声や生活音が割と聞こえてきます。

僕は初め、自分の生活音が隣の人に聞こえていることに気が付かず、備え付けのデスクの上で玉ねぎをみじん切りしていたら、振動でうるさかったのか隣の部屋の人に壁ドンされました笑

年齢制限がある

どこの会社の寮も、ある期間をすぎると寮を出なければなりません。僕の会社の寮の上限は、入社7年目までです。

それくらいの年齢であれば、給料も十分にもらっており、金銭的に余裕があるだろうから独身でも賃貸で住んでくれということですね。

寮に入るべきかのチェックリストを作りました

  • 快適性より家賃を安くしたい
  • 彼女はいない、あるいはいてもおうちデートはあまりしない
  • 会社の友達をつくりたい
  • Amazonなどのネットショップをよく使う
  • 車を持っている、あるいは買う予定

以上のチェックリストで3個以上当てはまれば、寮に入りましょう。

2個当てはまった場合は、考えようによっては寮に住んだほうが良い場合と賃貸に住んだほうがいい場合のどちらも考えられます。なので、もう一度よく考えてみましょう。

例えば、「会社の友達をつくりたい」と「車を持っている」に当てはまった場合、寮でなくても会社の友達を作る自信があったり、安い駐車場を知っているのであれば、寮に住む必要はありません。

0、1個しか当てはまらなかったのであれば、賃貸を借りて一人暮らしをしたほうが良いでしょう。

それでは、今回は以上となります。

フルショ

フルショ

2019年春に理系大学院を卒業して、大手メーカーに勤める25歳です!
海外ノマドにあこがれて、会社に頼らない生き方を現在模索中。

FOLLOW

関連記事