ツイッターはこちら

社会人が自信をなくす原因は3つです【自信を取り戻す方法も教えます】

5 min

社会人になってから自信が持てなくなったなあ…。学生時代にすごい自信があったわけではないけど、特に社会人になってから自信がなくなったなあ…。自信を付けたいです。

自信をなくした<br>社会人

自信をなくした
社会人

フルショ

フルショ

自信をなくす原因と自信を取り戻す方法について解説しますね。

この記事を読む価値

自信をなくした社会人が自信を取り戻せる。

社会人になってから自信をなくす原因は主に3つです

先日こういうツイートをしました。

僕の経験上、社会人が自信を持てなくなる主な理由は、以下です。

  • 小さな成功体験がない
  • 会社で否定されることが多い
  • 歳を重ねて昔より自分の可能性が狭まる

小さな成功体験がない

自信とは、なにかの成功体験をもとに付くものです。

  • できないことができるようになった
  • 知らないことを知った
  • 他人に認められた
  • 他人に勝った

などなど。

多少の差はあれど、自信がつくきっかけに、成功体験の大小はあまり関係ありません。

つまり、ハードルの低い小さな成功でも自信は無意識に付くものなのです。

しかし、社会人は学生に比べて、その小さな成功さえ得られにくくなってしまいます。

だから、社会人は自信を持ちにくくなるのです。

では、なぜ社会人は小さな成功を得られにくいでしょうか?

社会人は平日は仕事しかせず、休日も疲れてゴロゴロするだけで何もしないことが多く、小さな成功を得る行動すらしていないからです。

一方で、学生は受け身で生活していても、小さな成功が得やすいです。

例えば、

  • 学校でテストがあるから、少し勉強したら良い点が取れた
  • みんな部活に入るから、自分は野球部に入ったら、最初は90キロのボールしか打てなかったのに今は100キロのボールを打てるようになった
  • 大学でみんながバイトしているから、なんとなくバイトをはじめたら、最初覚えられなかった仕事内容を覚えられた

みたいな感じで、やらされるからやる、みんながやっているからやる、と受け身でも小さな成功を得るための行動が学生時代はできてしまうのです。

しかし、社会人はこうはいきません。主体的に行動しなければ、何も生まれません。

会社で否定されることが多い

人は自分が否定されるとき、自信をなくしやすい生き物です。

このように自分を否定されることが、社会人は学生時代に比べて多くなります。

理由は、単純に仕事は失敗のほうが多いからです。

仕事における成功は、正直学生時代の成功より圧倒的にレベルが高く難しいものです。

つまり、成功するためには数多くの失敗を経験しなければなりません。

それにもかかわらず、その数多くの失敗を会社では頭ごなしに否定されることが多いのです。

例えば、上司に「なんで今月の営業ノルマを達成していないんだ!」とか「何だこの資料は?わかりにくいからやり直し!」とかですね。

このように会社では、失敗の本質を捉えずに、失敗自体を悪いものとして頭ごなしに怒られることが多いのです。

こうして、社会人は自信をなくしがちになってしまうのですね。

歳を重ねて昔より自分の可能性が狭まる

いきなりですが、質問です。

社会人が、未経験からいきなりプロ野球選手にはなれますか?

なれません。(ゼロとは言い切れませんが)

社会人が、高校生になって恋愛をすることはできますか?

できません。

これは仕方ないことです。当たり前です。

一方で、学生はどうでしょう?

野球未経験でも小学生から野球を始めれば、可能性がゼロではない分、自分はプロ野球選手になれるのではないか?という根拠のない自信を持つことができます。

中学生であれば、可能性がゼロではない分、高校生になれば彼氏彼女ができるんだろうなみたいな根拠のない自信をもつことができます。

このように、学生時代は可能性がある分、根拠のない自信を持つことができたのです。

しかし、社会人はそうは行きません。

可能性が狭まっている分、根拠のない自信を持てる機会が少なくなっているのですね。

このように、歳を重ねて根拠のない自信を持ちにくくなっていることも、社会人が自信を持ちにくくなる原因の1つですね。

社会人が自信を取り戻す方法を教えます

「じゃあ社会人は、このままおとなしく自信のない人生を歩めってか!?」と思うかも知れませんが、そんなことはありません。

原因はわかったので、対策さえすれば良いのです。

なので今回は、自信を取り戻す具体的な行動と考え方を3つ紹介します。

  • 簡単に行動に移せることをして、小さな成功体験を得る
  • 「仕事の失敗は、成功に近づいている」というマインドを持つ
  • 自分にはまだ多くの可能性があることを知る

簡単に行動に移せることをして、小さな成功を得る

社会人は平日は仕事、休日はつかれてゴロゴロというように、行動に移すこと自体ハードルが高いと言いました。

なので、行動に移すハードルが低いことをすれば良いのです。

例えば、ゲームなんて良いと思います。

平日は疲れていてできなくても、休日に家でゴロゴロしながらでもできますよね。

買うだけですぐに始められますし、行動に移すハードルは低いと思います。

このとき、難しいやつじゃなくて、子供がやるようなマリオのゲームとかで十分です。

少しずつクリアして行く感覚。まさに小さな成功の連続です。

「ゲームなんかで自信なんて付かないでしょ?(笑)」と思うかも知れませんが、そんな事はありません。

ゲームでクリアするというような極めて小さな成功でも、潜在的に自信はついていくものです。

僕の場合は、読書が好きなのですが、読書から小さな成功を得ていました。

「読書をしていて小さな成功てなに?」と思いますよね。

そういうものには、自分で簡単な目標を設定してください。

僕は1週間で3冊読むというような目標を決めて、トライしたりしていました。

このとき、自分が達成できるレベルの目標にするのが大切です。

あくまで、高い目標を達成することが大切なのではなく、小さな成功から自信を得ることが大切だからです。

では早速、自分ができる簡単に行動に移せることから始めてみましょう。

「仕事の失敗は、成功に近づいている」というマインドを持つ

先程も言いましたが、あなたの今やっている会社での仕事は難しいです。

簡単に成功までたどり着けません。

その過程ではたくさんの失敗もするでしょう。

でも、これはあなただけではありません。

僕も日々たくさん失敗しています。あなたの会社の同僚もたくさん失敗しています。あなたの失敗を否定する上司ですらたくさんの失敗をしています。

その多くの失敗を乗り越えてみんな1つの成功を勝ち取っているのです。

なので、仕事に失敗するたびに、「俺は成功に近づいているんだ!」というマインドを持つようにしてください。

こういう考え方でいられれば、むしろ失敗するたびに自信を持てるようになります。

とはいえ、失敗したあとにその原因を考えずにそのまま放置では成功にはたどり着けませんが…。

自分にはまだ多くの可能性があることを知る

先程、社会人になると学生時代に比べて可能性が狭まると言いましたが、誤解しないでください。

たしかに狭まりますが、何歳であろうとまだまだあなたには、多くの可能性があるということです。

あなたが思っているほど、あなたの可能性は狭まっていません。

ただ、その可能性を知らないだけです。なので、勉強してください。

勉強と言っても、学生時代のような数学の問題を解くとか、英語の単語を覚えるとかではありません。

一番簡単な勉強法としては、本を読むことです。

本を読めば、色んな人の人生や考えをたった数百ページ程度の文字で知ることができます。

僕も読むたびに「へ〜。こんな人生の選択肢もあるんだ。今度、自分もやってみよう」とか「こういう考え方もありだなあ。この考えで、一度やってみよう」とか、いろんなことに気付かされます。

このように知らないことを知ることで、自分の可能性がまだ眠っていることに気付かされることもよくあります。

なので、まずは自分の可能性を知るために読書から始めましょう。

そして知った後は、それをやってみるという行動も忘れずに!

こうすることで、まだまだ残されている自分の無限の可能性を知り、自信も取り戻すことができます。

自信を少しでも取り戻したら、一気に自信が戻ってくる話

私も、去年の春に社会人になってからは、はじめはよく分からずに自信をなくしがちでした。

なんでだろうとじっくり考えて、今回紹介したことが原因だと気づいてからは、少しの自信をつけるところから始めました。

すると、少しのつもりが、みるみるうちに大きな自信を取り戻すことができました。

少しでも自信をつけたら、自分はできるというマインドを持つことができるので、次の自信をつけるための行動も起こしやすくなるからです。

なのでまずは、今回紹介したことを実践して、まずは0.0001でもいいので自信をつける練習をしてください。

きっと、それを続けていると、わりとすぐにその自信は100000くらいにはなっていると思いますよ。

フルショ

フルショ

2019年春に理系大学院を卒業して、大手メーカーに勤める25歳です!
海外ノマドにあこがれて、会社に頼らない生き方を現在模索中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です