ツイッターはこちら

一人暮らしは成長できるから、全人類したほうが良いという話

4 min
https://furushoblog.com/wp-content/uploads/2020/04/furusho.png

フルショ

去年の春に一人暮らしを始めて1年が経ちました。

一人暮らしって成長できるんだろうか…。一人暮らしを先にしている友達がいるけど、たいして成長していないような気がする…。

https://furushoblog.com/wp-content/uploads/2020/03/komatta_man2-e1586047488628.png

一人暮らしを
すべきか迷う人

https://furushoblog.com/wp-content/uploads/2020/04/furusho.png

フルショ

では、僕の考えを紹介しますね。

この記事を読む価値

一人暮らしをする決断ができる。

一人暮らしは成長できます

実家暮らしの10倍は成長できるのではないでしょうか。

理由は、

  • 自分で考えて、問題解決するようになるから
  • 自分の考えを持てるようになるから

自分で考えて、問題解決するようになるから

実家暮らしだと、「自分で考えない」「行動しない」という感じでも割と普通に生きていけます。

親に頼れば、すぐにアドバイスをくれるし、すぐに慰めてくれるし、すぐに助けてくれるし、というような感じですね。

これが良くないんです。なぜなら、自分で問題解決できなくなるからです。

遅かれ早かれいつかは、親はいなくなります。

そんな時ずっと実家暮らしをしていた人であればどうなるでしょうか。自分では何もできない人間になってしまいます。

一方で、一人暮らしはどうでしょう。「自分で考えない」「行動しない」では生きていけません。

問題解決のために頼れるのは自分しかいないからです。

簡単な例で言えば、晩ごはんに何を食べるかということをとってもそうです。

実家暮らしだと、そもそも問題にすらならないかもしれませんね。

大体の家庭は、何もしなくても勝手に全自動食事生産機(マミー)がご飯を作ってくれるからです。(全国のママさんすいません(笑))

一方で、一人暮らしはどうでしょう。もちろん何もしなければ、ご飯は出てきません。

なので、まずは適当に外食をしに行くでしょう。うんうん。うまい。外食サイコー。と初めはなるかもしれません。

でも1週間もしたらまた問題が発生します。外食はお金がかかると。

そこで次は、これを解決するためになるべく安くて量を食べられるところを探します。そして見つけます。

でもまた1週間したら、問題が発生します。外食だとカロリー高いし、野菜あんまり食べられないなあと。

そしてこれを解決するために、自炊を始めます。料理を作るのも悪くないなと初めはなるかもしれません。

でも、1週間もしたらまた問題に気づきます。自炊をしても案外お金かかるし、その割に時間も奪われると。

そしてこれを解決するために…。という感じですね。

このように、一人暮らしであれば、ひたすら問題が発生して、ひたすら問題を解決するために自分で考えて、ひたすら行動するようになるんです。

自分でPDCAサイクルを回せるようになるということですね。成長ですね。

自分の考えを持てるようになるから

人間は、自分が置かれている環境に考えが染まってしまう生き物です。

そんな生き物が、親と一緒に実家暮らしをしていたらどうなるでしょうか。

当然親の考えが正しいという思考になります。そして自分で考えもせず、親の考えで生きるようになってしまうのです。

「親がバイクに乗るなといったから乗らない」とか、「親が本を読みなさいと言ったから読む」とか。

別にバイクに乗って危険であろうが、自分がすごくバイク好きなのであれば、その危険を覚悟で乗ってもいいと思います。

本は読みなさいと言われて読むものではなく、知りたいことを知るための一つの手段に過ぎないので、特に知りたいことがなければ、無理に読む必要もありません。

つまり、どんなことに対しても自分の考えを持つことが大切ということです。

そして、一人暮らしであれば、親の考えが入ってこないので、一人で考える時間が増え、自分の考えを持てるようになるんです。

他人の考えを取り入れたらダメなんですか?

https://furushoblog.com/wp-content/uploads/2020/03/komatta_man2-e1586047488628.png

一人暮らしを
すべきか迷う人

そうではないんです。僕は他人の考えを取り入れるな、と言いたいわけではないんです。

自分で考えもせずに思考停止で他人の考えを取り入れるのが良くない、と言っているんです。

先程の例でも、「親が本を読みなさいと言ったから読む」のではなく、「親が本を読みなさいと言った理由を考えて、自分でも納得いく理由だから読む」であれば問題ないんです。むしろ素晴らしいです。

なので、当然他人の考えを取り入れるのも良いんですが、どんなことでもまずは自分の考えを挟むようにしましょうということです。

でも、一人暮らしをしても対して変わってない友達もいますよ。

https://furushoblog.com/wp-content/uploads/2020/03/komatta_man2-e1586047488628.png

一人暮らしを
すべきか迷う人

一人暮らしをしても成長できない人の特徴

確かに残念なことに、一人暮らしをしても成長できない人はいます。

「すぐに人に頼る人」です。

このタイプの人は、問題が発生したら原因を自分で考えず、すぐに人にアドバイスを求めます。

例えば、仕事しんどいなあ、と思ったとします。

そしたら、何も考えずに「仕事しんどい。ダルい。どうしよ。」と友達にアドバイスをすぐに求めてしまうような人です。

仕事しんどいにも色々原因はありますよね。肉体的にしんどいからなのか、仕事自体がつまらないからなのか、人間関係が悪いからなのか、…

こういうのは、しっかり考えなければ、意外と自分でも気づいてないことがよくあるんです。

そして自分の抱える問題の原因に自分でも気づきにくいのに、友達がちゃんとわかるわけなんてないんです。

でも友達からしたら、大切な友人の悩みなんでアドバイスします。「しっかり寝たら疲れは取れるよ。8時間は寝よう」というように。

そして、すぐに人に頼る人は思考停止で友達のアドバイスを受け取り、8時間寝るようになります。本当は、人間関係の問題かも知れないのに…。

つまり何が言いたいかというと、一人暮らしをしても、自分一人でじっくり考える時間を作らなければ、成長できないということです。

そしてその様になる傾向にある人は、「すぐに人に頼る人」ということです。

実際に一人暮らしを始めた僕の感想

僕は大学院を卒業し、就職を機に24歳から一人暮らしをはじめました。

それまではずっと実家暮らしで、しかも大学も家から15分くらいで通えるところに行ってました。なんて世界が狭いやつなんですかね(笑)

あの頃はこれを誇りに思っていました。

一人暮らしのお金を親に負担させないで済むし、通勤代もかからないし、国立大だから学費も安いし、なんて自分は親孝行な息子なんだと(笑)

ホントアホだったなと、今になって気づきました。

経済的なことを言い訳に、一人暮らしをしないなんてことは愚の骨頂です。

この他にも、実家暮らしをしていたときの自分は、大して考えもせず行動していました。

バイトは、ラクでそれなりに給料が良いと言う理由で、同じバイトを6年間続けていました。

部活は、あんまり試合には出られなくて楽しくないけど世間的には続けることが偉いと言う理由で、4年間部活を続けていました。

研究室は、研究内容なんて気にせずラクそうだからという理由で決めました。

今考えればもっとちゃんと考えて決断、行動していればよかったと思いますし、一人暮らしをしている今の思考があればできていたんではないかという一人暮らしをしなかったことへの後悔もあります。

僕のように後悔してからでは遅いので、一人でも多くの人が後悔する前に一人暮らしを始めてほしいと思い、この記事を書かせていただきました。

では、この記事を閉じてから実家暮らしの人はすぐに物件を探してくださいね。

必ず、人生変わりますよ。

関連記事